秋の匂い センチメンタルジャーニー

どうも負け組在住独身男です。
熱は下がりなんとか風邪は治りました!!
(耳はいまだによく聞こえず治療中・・)
最近急に気温が下がってるのでみなさんも風邪には気をつけてください。

そういや最近秋の匂いを感じることが多くなってきました。
正直この匂いを感じると嬉しくなってきます。
季節の変わり目を感じるというかなんというか。
小中高と通学路は森の中を突っ切ってましたので、
この時期には必ずこの匂いを感じながら登下校をしていたのを思い出します。
匂いとか音楽には感覚のレコーディング作用があるということは誰もが経験していて身近なことだと思います。
そこでこの時期の過去に何かいいことがあったのか思い返してみました。

 そしたらありました。中学一年生のこの時期に・・・

僕はルックスも普通ですしこの性格もありあんまり女の子と話すことが得意じゃありません。
そのせいか小学生時代はまったくもてない(チョコもらえない)子でした・・・。
それが嫌で中学生になったらもてる子になりたいなぁと寝る前に考える日々でした。
そして中学校入学。なつかしいです。
サッカー部に入り、朝は七時から朝練、放課後は夜七時まで。
いきなりこんな毎日が続いたもんですから慣れるまで必死でした。
なんだかんだで友達もでき、クラスや部活にもなじんだのが夏休み明けくらい。
運動会とか色々あって楽しかったなぁ~。
この頃に1人の女の子と仲良くなっていました。
イニシャルはK・K
本当に毎日が楽しくて楽しくて。
その子に会えるというだけで学校に行くのが楽しみでした。
まわりからも冷やかされるような2人。
ガキだった私はそれを否定するのに必死になって。
今考えるとかわいいもんです。
いつのまにか忘れている感覚ですよね。
“K・Kが好きなんだろ?付き合ってんの?”
顔を真っ赤にしながら全力で否定。
“はぁ~。そんなわけないべ。ありえないっしょ。”
みたいなの。
一番楽しかったのはお互いの顔に落書きしたことかなぁ。
俺のミスでK・Kの顔にマジックがついちゃったんだよね。
そしたら倍返しされて。エスカレート
お互い悲惨な顔(どっかの民族みたいな)になりながら爆笑してましたね。

そして2年生になりクラスも別々になり・・・。
ゴールデンウィーク前にK・Kに手紙をもらいました。
人生で初めて人から告白された瞬間でした。
両思いだったことが本当に嬉しかったです。

返事は・・・。“NO”

ガキだった自分はどうしていいかわからずまた、
まわりに冷やかされるのを恐れて出した結論でした。
それ以来その子とは一言もしゃべることなく卒業しました。

いつか機会があったらまた話してみたいものです。
ちょっとセンチメンタルなお話でした。。
[PR]
by uichiwave | 2004-10-05 14:55 | 日記
<< ままチャリ放浪記 8月14日 ... 10月突入!! >>