日本壊滅シナリオ 第0章 劣等感

実験も一段落ついたんでブログ再開です♪

まずはじめのテーマとして「劣等感」をとりあげます。

劣等感という言葉から何を想像しますか?
人より劣ることによる差別、実力社会、鬱などマイナスイメージが想像できると思います。
反意語として「優越感」があり、これは勝ちに近いイメージがあります。

確かに人は劣等感を感じることで鬱な気持ちになったり、自分自身に嫌気が差すときがあるよね。
けど人間は所詮劣等感を感じることで成長するのではないでしょうか?

サンプルとして自分の過去について書きます。
俺は小学生のとき坊主でした。
ちっちゃい頃は別に気にならなかったんだけど、だんだん「ハゲ、ハゲ」ってからかわれてくるようになったんだよね。
俺のはっきりしない性格もあり、だんだんそれがエスカレートしてきました。
俺の中でもそれが段々コンプレックスになってきて、ふとした瞬間に切れることも多々。
もちろん小学生ながらに「死にたい」「殺したい」と考えるほど追い詰められる時もありました。
今考えるとほんと不器用ですね(まあ今でも不器用ですが・・・)。

「どうしたらいいか?」と毎晩考えてたのを思い出します。
そこで1つの結論に至りました。
成績で常に上位に立ち、いい高校に入り、いい大学に入り、将来見返してやろうと。
見返すといってもそんなにかっこいいものではありません。
「そんな仕事してるんだ?くだらないね。所詮お前なんてそんなもんだろ。」
って見返すというよりか見下したいって思ってました。

こんなこと考えてたもんですから、中学、高校とスポーツでも勉強でも常に上位にいました。
そうやって「優越感」を得ることで精神的に満足していました。
だから常に人より下に落ちることを恐れたんだよね。
けど大学入って、人を見下すとか上に立つということがいかに無意味か知りました。
自分を基準に考えればいいと。
だから今はそんなダーティな考えはありません。
昔、からかってきた奴らとも仲良くやれてます♪

とだいぶ話が脱線しましたが・・・・・(汗)
結局のところこの劣等感が今の自分を作っていると考えています。
なんとなくうまくやり、なんとなく生きてきたとしたら今の自分はないといえる。

では人間が劣等感を感じることがなくなったらどうなるでしょうか?
劣等感を感じない人間が優越感を求めるでしょうか?


これから先書いていく話にこのキーワードは大きく関わってきます。
読んでくれる人がいたらこれについて考えてみてください!!
[PR]
# by uichiwave | 2005-02-03 13:52 | 日本壊滅シナリオ

日本壊滅シナリオ

大学受験が終わった頃から考えている自論がある。
「日本壊滅シナリオ」
っていってもそんな大それたもんじゃないけど・・。
何故かというとその結論がリアリティを持ち始めてきた。
非常にやばい時期だと思う。
時間ができたら書こうと思うので乞うご期待。
[PR]
# by uichiwave | 2005-01-19 15:16 | 日本壊滅シナリオ

孤独・・・。

久しぶりに愚痴を・・・。
昨日、N本さんとH向さんとG籐さんと鍋をした。
最近はこの面子でボンバーマンにはまってる。
まあそれはいいとして・・・。
鍋してる時にN本が、
「そういやこん中でA部さんだけじゃね?」
と。
なんだろうと考えた。
あっ・・・。
俺だけ彼女いない・・・。
そういやG籐もいないものとして考えていたができたんだった・・・。
夜遅くに出て行って彼女と萌え萌えしてる。
わかってたんだが認めたくなかった・・・。
防衛本能だろうか・・・。
けど「まあいっか」と開き直る今日この頃である。
[PR]
# by uichiwave | 2005-01-19 15:08 | 日記

今年の抱負

みんなも書いてるんで俺も今年の抱負を一つ!!

規則正しい生活!!!

どんなに眠くても朝7時~8時の間に起床するよう心がけます。
最近ほんとだれてたから・・・。
ついでに禁煙もしたいです。
って行ってる時点で無理だな・・・。
きっぱりやめないと!!
[PR]
# by uichiwave | 2005-01-09 16:04 | 日記

2005 楽しくやっていきましょう!!

新年明けましておめでとうございます!!
って久しぶりの投稿です。
とりあえず正月どうすごしたかを紹介。

1月1日(元旦)

十二時起床。
ぼーっとテレビを見る。
簗場(幼稚園からの付き合いのある奴)から連絡があり中央公園に集合する。
茂とま~くんもいて適当にだべる。
ま~くんがキンキキッズのコンサートに行こうと言い出す。
俺、簗場、茂はそれを拒絶。
ま~くんと別れ何をしようか考え、とりあえず村松の家に行く。
そこで村松の子供を抱く。
かわいい!!本気でかわいい!!
子供が欲しくなる。
それから村松と別れ春名と合流。
でドライブ。
のりで成田山初詣に行く。
家に帰り御節を食べる。
その後さっきのメンバーと外飲みを開始。
10時から朝5時まで氷点下の中飲み続ける。
そこで中学時代のぶっちゃけ話に花が咲く!!

1月2日

家から一歩も出ずにダラダラ。
1日の疲労を回復。

1月3日

また簗場と茂と村松と合流。
日本体育大学でレスリングをやっているの家に行く。
それからとも合流し道頓堀でお好み焼きを食す。
そののりで毅の家に行き飲み始める。
ひたすら鏡月・・・。
酔った勢いで毅に戦いを挑む。
落とされかける。
俺と晋と簗場の三人で戦いを挑む。
簗場が落とされかける。
不意打ちをかます。
本気で落とされかける。
毅のほうから上半身裸で襲ってくる。
もちろん抵抗空しく落とされかける。
そんな感じで朝四時くらいまで飲みつづける。
計8回は落とされかけた飲み会だった・・・。

1月4日
疲れの取れないまま朝11時起床。
シャワーを浴び飯を食って本千葉に向かう。
そこで高校のサッカー部でフットサルをやった。
やっぱり面白い!!!!
しかもお尻にボールペンを刺されたけんたも参加!!
ダンスではあれほどのきれを見せる男がサッカーではぼろぼろ。
ひ~ひ~いっとりました。
それからサイゼでだべったあと稲毛でダーツ
5時過ぎくらいからはじめて12時くらいまでひたすらダーツ
正月からの疲れがたまり、さらに寝不足のため脂汗だけが出る。
ダーツが終わった後みんなは別の場所に遊びに行ったがさすがに拒否。
1人うちに帰り爆睡。

現在もその疲れが取れず体が重過ぎる・・・。
てな正月でした。
卒論頑張らないと・・・。
[PR]
# by uichiwave | 2005-01-07 18:09 | 日記

futsala u-ichi

かんなり久々の投稿です!!
実験装置も発注商品待ちなので余裕のあるうちに。

最近はほんとあれです。フットサルしかやってません。
週2くらいで練習して、週1くらいで練習試合or大会。
正直疲れが全く回復しない・・・。
(寝ても節々が痛いんだよね・・・)

最近そのチームの中でよく話題になるのが、
おっさん側と若者側での意識の違い

やっぱり上の人間としてはサークルのなあなあ体質から離れてシビアに頑張ろうと思って新チームを立ち上げたんだから勝ちに対してこだわりたい。
だからできるだけ練習には参加するし試合中も勝つことに対する意識は高い。
けど、どうしても年下連中はその意識が足りない。

勝つためにチームを作って、勝つために頑張りたいのだから使えない奴はもっと練習するなり意識高めたりしろよ!!

と言いたくなる。

勝てる試合を交代したせいで負けたとなるとやるせない怒りだけが残る。

ただ勝ちに深くこだわらずにやりたいのであれば土曜の活動に行ってもらって、illegalの方には来てもらいたくない。

なんてこんなことを思ってますとjamの事を思い出します。
俺も本当はこんな事を言える立場の人間ではないんだよね。

ブレイクダンスをやりたくてjamに入ったんだよね。
けど最初はどうしていいかわからなくてなんとなくやってて。
派手なパワームーブの練習だけやってました。
けどそれだと立ちが全然駄目だから立ちの練習しなよと先輩から言われてました。
それでも練習はパーワームーブばっかりで。
だから立ちの振りは散々なものでした。

自分ひとりだけでやっていたのならまあこれでもよかったのかもしれません。
けどjamという団体の中でやり、かつそのなかの七転八党というチームのなかでやるからにはどうしようもない奴だったと言えます。
イベントなんかでもチームとして出てるのに立ちのレベルが明らかに周りより低い。
それだけでチームとしてのレベルを下げるだけでなくshowそのものを駄目にしていました。
もちろん周りの人からは注意なりアドバイスをうけました。
だんだんそれが嫌になってきてjamを辞めたんだよね。
そのころはサークルなのになんでここまで言われるのかとむかつきストレスになってました。
俺が先輩達のshowに対する意識を全然理解できてなかったからね・・・。

今考えれば当然なんだけどね・・・。
けどこれに気づいたのもほんと最近ですよ。
自分ができる立場の人間になってから。

けどね結局それで辞めたことに後悔するんだなぁ。

だってもともとやりたくて来たわけでしょ?
そりゃあ後悔もしますよ・・・。

だから若者連中にはこれに気づいて欲しいな。
上の人間の意識をちゃんと知ること。
そしてそれに合わせること。
それがわからないと絶対ストレスになってくるよ。

お互いに!!

やれと言うほうも言われるほうも。

これ読んで気づいてくれる人が1人でもいてくれるといいな!!
[PR]
# by uichiwave | 2004-12-14 16:46 | 日記

筑波サーキットにて・・・

ままチャリ旅行ねたが終わって全く書くこと無くなりました・・・。
でもとりあえず更新だけしときます。

今日は筑波サーキットでバイトだったんだけど凄いの見ました。

インプレッサーと軽(名前がわかりません)との衝突の瞬間!!

コースアウトしてテンパッテしまったのかインプがありえない軌道を取り、そこに軽がどぉーん!!って。
フラッグタワーから見てたんだけど結構びっくり致しました。
見た感じ新古車だと思われるインプがあり得ないお姿に・・・。
ドライバーさんは肩をおさえて痛そうです・・・。

びびりな俺はぜったいサーキット場で走るとか無理ですなと感じました。
[PR]
# by uichiwave | 2004-11-23 19:36 | 日記

ままチャリ放浪記 8月24日 さらば北海道・・。そしてありがとう!!

朝七時起床。
予報どうり雨である。
しかしそこまで強くなく進めそうだったので苫小牧に向けて出発した。
もう残り30キロも無いのだ・・。
とても短くそして長くも感じる・・。
自分に浸りながら進んでいたところ、プシューという音が。
ここにきてパンクかよ・・・。
けどちょっと嬉しかった。
パンクを直し苫小牧に向け再出発した。
そして無難に到着。
とりあえず駅前に向かい駅前で写真を撮り、タクシーの運ちゃんに聞いたマルトマ食堂に向かった。
そこで毛がにといくら丼北海道最後の海鮮として食した。
カニはやっぱりうまい!!もう食べる部分が無いだろうというくらいすみずみまで食した。
もちろんいくら丼もうまかった!!
満足しました。
少し時間があったので歴史的高校である駒大苫小牧を訪れた。
そして遂にフェリー申し込みの時間が来た。
一瞬明日の便にするか迷った。
やっぱり北海道を離れたくない。
b0019630_1516951.jpg

            ちょっとナイーブになってます・・・。
それだけ北海道は俺にとって最高な場所だった。
しかし、男として決めたことを変えてはならぬと思い申し込む。
そして出航の時間までぶらっとしながら旅を思い返した。
なんてことをしているうちに出航の時間が。
b0019630_15153428.jpg

遂に北海道の大地に別れを告げた・・。
船の中で“カンゾー先生”という映画を見たのだがこれが本当に面白い映画であった。
見終わって甲板に出るとなんともいえない美しさを持った月明かりが。
旅の終わりを感じる。
ありがとう・・。
北海道、出会った人たち、ねぶた祭り・・。
本当にありがとうございました。

もう寝よう。

これで旅の思い出は全部終わりです。
長くて単調な文だったけど読んでくれていた人ありがとうございました。
最後に朝早く起きてフェリーの上から見た朝焼けの写真です。
b0019630_15163126.jpg
b0019630_15163854.jpg

なかなかきれいでしょう!!
結構お気に入りの写真です。

日本はとりあえず北と南制覇したんで機会があったら今度は海外放浪をしようと思います!!

それでは!!
[PR]
# by uichiwave | 2004-11-16 14:53 | ままチャリ放浪記

ままチャリ放浪記 8月23日 さらば福島!!峠バトル

福島の家に泊めてもらい八時くらいまでゆっくり寝ることができた。
それから十時過ぎまでテレビを見ながらだらだらする。
こんな普通なライフスタイルいつぶりだろうか。
帯広豚丼が有名(すきやとか松屋みたいのじゃないよ)ということで福島の車に乗っかっていっぴんという店に食べに行った。
(車に乗ったのがだいぶ久しぶりだったので緊張してしまった・・・)
そこで福島に豚丼をおごってもらったんだけどそれがまたうまいこと!!!!!
肉が分厚いし味があるんだよね!!最高です!!
いろいろお世話になった福島本当にありがとう!!!!
(年末の千葉東の集まりにこれたらまた一緒に飲みたいね!!)
そして遂に福島とお別れするときが来た。
一日も一緒にいなかったのだがずいぶん長いこといたきがする。
これからまたチャリライフに戻るかと思うと実感がない。
しかし進まなくてはいけないしこれ以上福島に迷惑をかけるわけにはいかない。
12時過ぎに福島と写真をとり別れを告げた。

しばらく進んだのだがいきなり現実に戻されたようで少し切なかった・・。
しかし今日はこれから日勝峠との戦いが待っている。
気を抜いてはいけない。
なんとなくチャリをこぐのを久しぶりに感じながら進んだ。
しばらく行くと日勝峠が姿を現しはじめてきた。
実は以前制覇した知床峠よりもでかいことを知り正直引いた・・・。
きついっす・・・。
こいでもこいでも坂道の連続です・・・。
途中何度止まったことか・・・。
それでもなんとか制覇しました。
b0019630_1417428.jpg

知床峠と違いトラックがめっさ横を通り過ぎていくんで怖かった。
景色もあまりきれいじゃなかったし・・・。
しかも曇っていたために下り坂を降りていくのがかなり冷えました。
それでもなんとか日高昆布でおなじみの日高に到着しました。
本当はここの道の駅で就寝しようと思ってたんだけど、そこで見たテレビでショッキングな知らせが・・・。
明日は雨・・・。
フェリーに乗る日は明日である。
雨の中100キロ以上進むなんて死にに行くようなものである・・・。
これは今日中に進めるだけ進まなくてはならないと思い、腹を満たしてから6:30頃出発した。

暗い・・・。真っ暗だ・・・。
しかも隣をトラックが凄い勢いで通り過ぎていく・・・。


そんなとき目の前から追い越ししてきたトラックが迫ってきた!?
やばい。
そう直感した俺はできる限り道の端に見をよせた。
その隣を猛スピードで通り過ぎていくトラック。
その間は確実に1メートルは無かった。
その後風圧に吸い込まれそうになったがなんとか耐えしのぐことができた。
泣きそうだった・・・。
かといってこっから戻るわけにもいかない・・・。
しかし進んでいくのはかなりサバイバルでもある・・・。
途中何かしら町があることを期待して進むことを決意した。

泣きそうになりながら猛スピードで自転車をこぎました。
時速20~25キロは出していたはずだ。
約2時間必死の形相でノンストップでこぎ続けた。
この時の俺の姿を見た人は幽霊でも見るかのようにびびったに違いない。

しかし町と呼べるような町が無い・・・。
次の道の駅があるところまでは約60キロ・・・。
笑えてくる・・・。

そんなときっ!!
目の前に一台のワンボックスが止まった。
なんと車から出てきたおっちゃんが自転車ごと車に乗せてくれると!!
助かった!!
心の底からそう感じた。
車の中からまわりの景色を眺めていたのだが本当に暗い。
こんなところを60キロ近く走ろうとしていたのかと思うとなんともいえない気持ちになった・・。
北海道についていろいろ会話を楽しんでいるうちに町といえる町に到着した。
お礼を言うとお互い名前も聞かずにおっちゃんは立ち去っていった。
ありがとう。心からそういえた気がした。
そしてむかわ四季の家という道の駅に行き、その前にあったバス停留所(ベンチ、屋根あり!!)で就寝した。

なかなか内容の濃かった一日だった。
[PR]
# by uichiwave | 2004-11-16 14:43 | ままチャリ放浪記

ままチャリ放浪記 8月22日 福島久しぶり!!元気か?

九時半起床です。
晴れている!!最高です!!
今日こそは裏切られないことを願って進むのみです。
気分もよく一気に60kmを駆け抜けた!!
そして休憩を取った後に福島の住む帯広へ向け出発!!
途中山道とかありなかなかしんどかったがなんとか帯広市内に入ることができた。
帯広って牧場とかじゃがいものイメージしかなかったんだけど意外と都会!!
とりあえず記念写真を撮ろうと駅前に向かった。
そこで一人のおばあちゃんが話し掛けてきた。
婆“どっから来たの?”
me“千葉です”
婆“フェリー使って?”
me“いや千葉からずっとままチャリなんですよ”
me“まず青森まで行ってそっから函館までフェリーで”
婆“ほんとぉ!?凄いわね!!みかんあげるわ”
てな感じで会話をしておりました。
すると俺の事を気に入ってくれたらしくデートのお誘いが。
せっかくなんでお供することにしました。
向かった先があのバターサンドで有名な六花亭本店
そこでピザとドリンクをおごってもらいました。
そのおばあちゃんがまた話し好きなんだよね。
旅のこと、日常生活のこと、趣味のこと。
いい話もいっぱい聞けてよかったな!!
けどさすがに二時間話を聞きつづけるのはちょい疲れました。
それからおみやげまでもらい別れを告げ出発しました。
目指すは福島の通う帯広畜産大学!!
北海道で知り合いに会うのはなんか変な感じである。
いろいろ道を迷ったがなんとかたどり着くことができた。
そこには福島の姿が。
お互い苦笑い。なんとも不思議な感じです。
それにしても福島、俺がままチャリで現れたもんだから本気で驚いてました
そんなにたいした事じゃないのにねえ。
立ち話もなんだからと福島の家におじゃましてシャワーを貸してもらいました。
そして酒を飲みながら今何してるのとか高校時代はさぁとかいう話題で盛り上がりました!!
酒がなんともいえないくらいうまい!!進む進む!!
やっぱり気の合う仲間と飲む酒はいいね!!!
あと誰かの家にいるっていう安心感ってやっぱ大きいよ。
だいたい12時くらいまで話をして就寝です。
[PR]
# by uichiwave | 2004-11-11 17:52 | ままチャリ放浪記